食事する男性と運動する男性
  • ホーム
  • オーリスタットの危ない副作用

オーリスタットの危ない副作用

運動している肥満男性

肥満の治療薬として有名なオーリスタットですが、薬であるからには必然的に副作用が存在します。
服用を検討されている方は、副作用についても理解されることをおすすめします。

オーリスタットの第一の副作用は、下痢です。
そもそもこの薬は、身体への脂肪の吸収を阻害することでダイエット効果を発揮するものです。
言い換えると、オーリスタットを服用すると食事に含まれる油が腸の壁から吸収されず、そのまま腸内にとどまります。
そのため、服用すると便に大量の脂肪が混ざって柔らかくなり、おなかが緩くなるのです。
ひどい場合は意思とは関係なく、自動的に油が漏れてくることもあるので、特に仕事で人前に出ることが多い方は注意が必要でしょう。

もう一つの副作用としては、ビタミンAやビタミンDなどの脂溶性ビタミンの吸収阻害があります。
オーリスタットは前述の通り脂肪の吸収を阻害するのですが、このとき脂肪中に溶けている脂溶性ビタミンの吸収も、当然阻害されるのです。
ビタミンAが欠乏すると夜盲症や皮膚の乾燥、ビタミンDが欠乏すると骨の形成障害の原因となります。
このことからアメリカの食品医薬品局(FDA)はオーリスタットを服用する場合は、脂溶性ビタミンの錠剤を同時に摂った方がいいという勧告を出しています。
店によってはビタミン剤とセット販売されていることもありますが、そうでない場合でも同時に買っておいたほうがいいかもしれません。

オーリスタットの主な副作用はこの2つです。
もっと重篤な副作用としては肝障害や重度のアレルギー反応などが希に出ることがありますが、これはオーリスタット自体の問題と言うよりは、どんな薬でも起こりえることです。
取りあえず警戒すべき副作用は、下痢と脂溶性ビタミンの欠乏と言えるでしょう。

関連記事
人気記事一覧